TOPICS(4)

ラパンS 
千葉県にお住いのKさんからはラパンS(ターボ)用のノブのご注文を戴きました。
当方は、ラパンSは車の今後あるべき姿のかなりの要素を満たすものと思っており、当方のノブが採用され、HPに掲載できる画像等を提供いただければと期待していました。

商品をお届けして、3週間あまり、、、簡単なインプレ添えて画像をお送りいただきました。早々にHPにアップと思っているうちに大災害。やっとアップできる余裕ができました。



戴いたインプレは、以下のようなコメントですが、ラパンSにピッタリ適合し、大きな機能を発揮しているように感じます。

カッコ良くて、とても気に入りました。時間を掛けて造られたノブとの印象が強いです。純正のノブに慣れていたせいか、最初は多少違和感がありましたが今では手に馴染み、 使いやすいです。親戚が遊びに来た時、ノブを見せた所、出来が良くてかっこいいと言っていました。

S2000(2)
 東京都清瀬市にお住いのTKさん、「決して走りのエンスーではない」と前置きし、S2000を日々(通勤を含めて)ゆったりと操り、 ドライビングを味わっておられるそうです。しかしながら純正ノブの握り応えに満足できず、インターネットのHPをチェックしているうちにカーボン球形ヘビーウエイトノブに 辿り着いたとのことです。

そして、ご自身のネームを配したシフトノブのご注文を戴きました。(ご注文は46Φ500gの、画像のノブ)  ネーム入れにはかなりの拘りをお持ちなのに、 エンスーではない」と云うところに、こよなく車を愛するお気持ちを一層強く感じてしまいます。

 

納品後、以下のようなインプレを頂きました。

(締め込み時の角度調整もそこそこに、)我慢出来ずに、とりあえず走れる状態に仮装着して軽く流してきました。
手の触覚から伝わって来る情報がノブの形状、表面処理、更に重さが変わった事で、全く新鮮、鮮明になり、車そのものの印象も大幅に変わる事に大きな驚きを覚えました。 特に形状から来る握り応えの確かさのせいで、人車一体感が増したような気がします。
フィッティングを更に確実に行って、ワインディングで新しい操作感覚を早く堪能したいと思っています。

頂いたインプレや車に対するお気持ちは、まさに、当HPがMTノブの製作にかける思考と瓜二つのように感じます。ノブのみならず、当方の思考にもご声援を頂いたような 気持ちです。有難うございます。

後日、更に追加のインプレ、アドバイスを頂きました。

日々の通勤にも使っているSの手応えは、自分には一日の疲れを癒す活力剤的存在で、操作イメージがタイヤを通して路面まで伝わるダイレクト感は全身に躍動感を湧き上がらせて くれます。
ノブは目一杯下げた状態のセッティングですと、指等がブーツに干渉して、球体ならではの握り応えが得られませんでしたので、シャフトが少しあらわになるまで上方に セット変更しました。どの様な掌の添え方でも、ノブに自然にアプローチが出来て、握りの自由度と確実性は格段に上がりました。ノブとブーツの適度の離隔は球体の特性を如何なく 発揮させるために重要ですね。そうした意味ではノブ下近傍のトータルコーディネートも重要かもしれません。

PORSCHE 911
埼玉県のHさんからは以下のお問い合わせを戴きました。

カーボンのシフトノブを探していてHPを見つけ、拝見させていただきました。
お買い上げ実績の一覧にポルシェとありましたが、ポルシェ911(1988年式)用を検討中ですが注文の際にシフトノブ取り付け部の シャフト径、ネジピッチの情報は必要となりますでしょうか? 必要な場合採寸箇所などを教えていただければと思います。

ポルシェに関して数件の実績はあるのですが、車種がまちまちな上、実車として活躍するポルシェの年式も広範で、当方としては ノブに関する纏まった知識がないことをお伝えし、製作時に必要となる採寸箇所をご連絡しましたところ、寸法、図をお送り戴き、 48Φ600gのカーボンノブのご注文を戴きました。


納品後、Hさんからは以下のコメントを添えて、装着画像をお送り戴きました。


到着後、早速取り付け作業をしましたが、すんなりと換装できました。古い車ですがリアルカーボンで多少現代的要素が加味できました。 911カレラ(930タイプ)は1986年式までと最後期の3年’87、’88(今回依頼)、’89年式でシフトレバーの形が 多少異なるようです。今回の設計で最後期3年の’87〜’89年式はOKではないかと思います。
製作ありがとうございました。

当方こそ色々と有難うございました
街を走っているポルシェの数を見るにつけ、“もっと多くの引き合いがあってもいいのでは”と何時も思うのですが、シフトノブの 取り付け形式が多様すぎて、ユーザーさんが交換を諦めてしまっているような気もします。ノブは使用感が現れやすく、傷みやすいパーツ ですので、ポルシェなどのように寿命が格段に長い車こそ再三換装すると効果的と思っています。

尚、Hさんからは上記画像のような図面のご提供を戴きましたが、ほとんどの場合、文章のみのお打ち合わせで、ご注文を承っております。 また、特殊な構造の場合はファックスで簡単なスケッチをお送り戴いても十分です。

アコードEuro(3)
大阪府にお住まいのMさん。当方にご連絡いただく前からノブの形状について種々迷って おられたご様子で球形か「シフトノブ図」の020か、はたまた022か。ただ、研磨仕上げの金属スカートの取り付けは事前に 確定されていた様でした。時間をかけながら最終的には020をベースに最大直径48mm、下部直径25mm 高さ55mmノブに直径25mm、高さ15mmの研磨金属のスカートつき形状に(重量は600g)・・・ここまで変更すると もはや元の形状イメージは殆どありませんでした。お車はアコードユーロR(CL7) 6速MT(無限のクイックシフトに変更済み) とのことです。
そして装着後、以下の画像とインプレをお送りいただきました。


イメージしていた通りで大変満足しています。形を決めるのにかなり迷いましたが、今の形(ダイヤモンドっぽい形)にして良かったです。 クイックシフト(無限)にしていたので、ノブ自体もショートにと考えていましたが、ノブの高さもしっくりきています。 セカンドの 入り具合もストレス無く入るようになりました。 ギアチェンジがスムーズになると加速感も随分良くなったように思います。 600gは正解でした! グリップ感も大変好いですね。大満足です。また乗る機会が増えそうです!!

随分綺麗な画像をお送り戴き有難うございます。携帯の写メとのことですが、綺麗に撮れていますね。
シフトノブのパーフォーマンスも非常に良いご様子で、安心致しました。ノブひとつで 加速感までの改善されるのは本当に有難いですね。

スイフト(2)
僅か1週間弱の間に埼玉県のAさん、群馬県のKさん、愛知県のYさんの3名の方からそれぞれ個別にスイフト用のシフトノブのご注文を戴きました。 おそらく、マスメディに載った何かひとつの情報の波及効果とは思いますが、初めての経験です。
 スイフトのシフトノブ固定部はきわめて特異で、正確な情報を得ないとサイズや構造は到底把握できません。事実、Kさんはディーラーから は正確な情報が得られず、サイズ等不明のまま、当方へお引き合いを戴きました。幸い、先にお引き合いを戴いたAさんからは、 シャフト上部の正確なスケッチを戴いていましたので、同等のシャフト穴であれば製作できることをお伝えし、受注に至りました。 Yさんにつきましても殆ど同様の経緯です。ディーラーによっては一度ノブを取りはずと再組み立てできない旨説明しているようで、 説明内容の真偽はともかく、いずれにしても一寸無責任な気きがします。
結局、3名の方のノブは、それぞれ、重量やサイズは幾分異なりますが、太い脚を持つ球形ノブで、イモネジ2点固定式で、下部に光ものを 配した見た目は殆ど同じノブになりました。画像左はAさんからの、右はKさんからのご提供画像です。


Aさんからは、早々に次のインプレを戴きました。

取り付けてから1週間経ちましたが、取り付け状態も全く問題なく、シフトフィールもルックスも良いので大変満足です!純正のノブが約270gと、 まずまずの重量があったためにシフトフィールにはそれほど大きな変化はないのですが、純正よりも力がいらなくなったのは確かです。 もう少し重く注文してもよかったかなと思いましたが(ご注文は400g)、カーボンのデザインがとてもかっこいいので十分気に入ってます! 少々高い出費になりましたが、既製品では決して手に入らない、自分にマッチしたシフトノブが手に入ったのでとにかく嬉しいです! 自分が書いた採寸図も役に立ったようでよかったです。

Kさんからは“無事にシフトノブが届きました。重さ、形状希望通りです。本当にいい買い物でした”とのことです。またお打ち合わせ中は 他の方の採寸データを利用させていただくことについて、感謝の意を表明されていました。

Aさんには製作者としましても心よりお礼申し上げます。スイフトの場合シフトノブの選択肢はないに等しいような状況かもしれませんので、 当トピックはビッグニュースかも知れません。

アコードEuro(2)
オークションで“究極のローポジション”シフトノブを落札戴いた栃木県在住のIさん。しっかりと乗り込んでからインプレをお送りくださいました。

その後シフトノブを取り付けてから3週間近く経ちましたのでインプレを述べさせて頂きます。ちなみに当方は車通勤なので、ほぼ毎日運転しています。
実の所オークションで落札するか、それともメールにて注文するか迷っていましたが、自分にとって理想の形状が見えてこなかったので オークションにて注文しましたが、これが正解でした! ノブの大きさといい、重さといい(46Φ球形、500g)自分にとってベストでした。
多くの方が記述されていますように、商品が届いた時には笑ってしまうような重量と、そのカーボンの質感に歓喜いたしました。 また純正のアルミノブとは違い熱く成り過ぎる事もなさそうで、これからの時期には助かります。
今迄もずっとMT車に乗ってきましたが大体に於いて市販されているシフトノブは軽量のもので、シフトチェンジ時に弾かれることも しばしばあったと記憶していますが、今回のノブでは弾かれることは無く、リズム感よくスムースにシフトアップ&ダウンする事になり、 クラッチやシンクロも痛める事が無くなりそうです。良く言われる『スコッ』と入る感覚ですね。
今回の商品の特長のひとつ、究極のローポジションですが、残念ながらノーマルのシフトブーツだと干渉してしまい目一杯下げる事はできませんでした。
敢えて言うなら『今度は、特注してみようかな?』という気持ちが出てくるのと、カーボンシフトノブは写真を撮るのが難しいのが難点ですね(笑)


カーボンノブの綺麗な画像有難うございます。なかなか旨く撮影できないのですが、最高の画像ですね。圧縮/縮小で品質が落ちてしまいますが、 極力大きな画像で掲載させていただきました。

E82 135i
 当方のHPのトピックス『BMW E46(2)』)をご覧になった神戸市のTさん、E82(135i)用に、お問い合わせもそこそこに、自車のシフトレバーに適合する究極のローポジの、トピックスと同様のシフトノブのご注文を戴きました。
そして、納品、取り付け後以下のご連絡を戴きました。
 

昨夜、シフトノブが到着し、今日取り付けました。
私のE82 135iはショートシフトキットを組んでおり、シフト操作が若干重たくなっていたのですが、ヘビーウェイトなノブのおかげで操作が 楽になりました。また、ノブの高さを落としたおかげで、シフトストロークもいい感じになりました。
もちろん取り付けも問題ありませんでした。
大変満足しています。
参考に取り付け写真を送ります。

綺麗な装着画像有難うございます。ルックス的にも純正ノブ以上にインテリアによくマッチングしていますね。
それでいて操作性も大きく改善されたようですから、本当に良かったですね。
シフトフィーリングに関しては、ディーラーさんは余り対応してくれないようですので、もっと多くの方に当方のノブを知って頂きたい ところです。

SKYLINE
松戸市のIさんから以下の連絡を戴きました。
おとといCPV35が納車され、同時にミッションオイルも交換したのですが、あまりのMTの渋さに困惑しております。 免許を取ってからホンダのMT車しか乗ったことがなかったので慣れの問題もあるのかもしれませんが・・・
そこで貴社のシフトノブで、状況が変わることを願いお問い合わせをさせていただいた次第です。
TOPICS(5)に記載されています「ゼット Barrelタイプ」はお幾らぐらいするものでしょうか。

お見積りしましたところ、即、ご注文を戴きました。
そして、装着後にも、即、インプレをお送り戴きました。



昨日届き、早速装着いたしました。添付写真の通り、しっかりローポジションになり、重さと相まって気持ちよく シフトすることができます。
また、重くなったからか、それとも材質や構造からなのか、シフトノブに伝わる微振動も低減し、いい感じです。
前車のCL7アコードユーロRが、まったくの無振動だったため、車格を考えるとシフトに伝わる微振動は納得がいきませんでしたので、、、
更には、デザイン・質感とも、よくインテリアにマッチし、満足です!

今日は連絡あるかな、明日はあるかなと、待ち焦がれていましたので喜びもひとしおでございます。
職人の手仕事が光る逸品、ありがとうございました!!

当方がシフトノブの製作に込める技術や気持ちを存分に体感され、また、ご理解戴けましたご様子で、将に職人冥利尽きる 仕事をさせて戴いたと感謝しております。有難うございました。

シャフト延長シフトノブ



ポルシェの場合30年以上前の車もさほど珍しくはありませんが、今回は85年式の930用にご注文を戴きました。
乗り継がれる内に、レバーシャフトがカットされてしまったようで、今回は5cm、できれば10cmシャフト部を延長したノブにしたいとのご希望です。 ジャストフィットするノブの位置はノブの渋さ等によっても異なりますので、特定するのは意外と厄介な作業であることは当方も理解しています。

ご提案後ご注文いただきましたのは、図の様なシフトノブ。12個(6ヵ所×2列)のイモネジ用ネジ穴を設けました。このうちの4〜6個を使ってシャフトに固定します。
この例では、最大9cm位はノブを移動でき、しかも、位置調整範囲もかなりあります。
ノブ下の延長部は、今回はカーボン張りですが、メタリックフィルム加工も可能かもしれません。
シャフトの挿入穴も16Φ以下であれば多様なサイズが可能です。

PORSCHE911 延長ノブ
 広島市のMさんからは、
私の車はポルシェ911の87年式で、貴社のHPトピックスにポルシェ911のものがありますが、 それと同じ物(素材・シフトパターン)で、現在のノブの位置より3センチ位高くしたいのですが可能ですか?とのお問い合わせを戴きました。 具体的には、普通のウェイトでいいので、ノブを、もっと手元に近づけたいとのことでした。

早速検討しますとノブは最小で90mm程度になってしまいますし、ご希望の直径やノブの回り止めのためのイモネジ設置を勘案しますと かなり厳ついノブになってしまいます。

そこで思いついたのが、シャフトに両切りボルトをWナットで固定する方法(下図)。
これなら、ノブの下部をスッキリした形状に出来ますし、シフトパターンの向き調整・固定も簡単です。



Mさんからは、以下のインプレと画像が届きました。
昨日、取り付け出来ました。
イメージ通りで良い感じです。シフトチェンジが楽になり、入る時にギヤチェンジの感覚が伝わり楽しくなりました。 またカーボンの雰囲気とシフトパターンがシンプルで、車内に溶け込んでいます。長く乗りたい車なので、とても良かったです。



ベストフィットしてよかったです。
形状は極力スポーティーに!! と思い、下部の形状はお打合せより細く、滑らかなカーブを描くように変更させていただきました。 ノブからシャフトへの形状の流れが、凄く良いように思います。

ビッグサイズ 60Φ 本革巻きノブ
奈良県のYさんからのお引き合いはジムニー用に60Φの球形本革巻きノブ、重量250g程度。 Yさんは既に樹脂製の60Φのノブを使用中とのことで、お引き合いの仕様のノブも思いつきではなく、捜し求めてこられたご様子。
ご注文を戴き、納品後早速以下のようなインプレを戴きました。

 

週末に届き、接着剤が乾くのを待ち、本日通勤で初めて使用しました。届いたときはちょっと硬いかなと感じましたが、実際乗ってみると ダイレクトな感触のためには、これくらいがちょうどよいかなと思います。感触、大きさ、重さ、すべて申し分なしです。特に大きさについては 本革製の60φは見たことがありません。ビリヤード球のシフトノブはよく見かけるのに、なぜ本革製はないのかと。 乗用車の方には好みが合わないかもしれませんが、四駆やトラックでは絶対に病みつきになる大きさだと思うのですが。

革(ノブ)の硬さについてもご希望がありましたが、相互に確認する手法が見当たらず、当方の感で決めさせていただきましたが、 この点につきましてもご納得いただけたようです。
これを機にビッグサイズのノブも積極的に製作させていただこうと思います。

RX8(5)
 埼玉県にお住まいのHさんからは以下のようなお引き合いを戴きました。
 1年ほど前からRX8に乗っていますが、シフトが幾分渋く、ストロークもスポーツタイプの割には長めで、純正ノブに少し不満を持って おりました。量販店等で売っているノブも検討してみたのですが、折角なのでワンオフでドンピシャのものを作って貰おうと決意しました。
仕様は球形48φカーボン張、ヘビーウェイト500gになります。詳細は添付図を参考にして頂ければと思います。極限まで高さを 抑えた究極のローポジ仕様を希望します。

 納品後暫くして、以下の画像とインプレをお送り戴きました。


 装着から約2ヶ月、走行距離も3000kmほど伸びて、だいぶ馴染んで来ましたので簡単にですがインプレを返信させてもらいます♪
 シフトフィールについてですが、適度な大きさとストロークに大変満足しております。ヘビーウェイト500gのおかげで20mm弱 短くなってもサクサク動いてくれます。ノブの形状も球状にしたことにより、真上から真っ直ぐに握り込む事が出来るため以前よりも 操作しやすくなり、腕全体の操作から手首のスナップを中心とした動きへ・・また1歩理想のシフトワークに近づくことが出来ました。 以前あった2速→3速時の引っ掛かりについてもほぼ解決出来ました。(純正使用時は横から握り込むような握り方だったので真っ直ぐに 操作出来ていなかったのかもしれません)
 シフトノブのワンオフ製作は初めてでしたが、作って良かったと思います。また機会がありましたら宜しくお願いします(^O^)/

 シフトノブひとつで運転フィーリングがどれほど変わるか、インプレとして読んでいただくことで、皆様によく理解いただけると思って います。インプレのご提供に心より感謝いたします。
 余談ですが、純正ノブは今でもREをモチーフしたデザインでしょうか? もし、そうだとしますと、直角方向への操作のみに限定される レバー操作のためのノブの形状としては少し?かと思っています。

 尚、Hさんからは上記画像のような図面のご提供を戴きましたが、お引き合い、ご注文に際して、通常は図面等のご提示を戴くことなく、 文章のみのお打ち合わせで、ご注文を承っております。また、文章のみでは不安がある場合はファックスで簡単なメモやスケッチをお送り 戴いても結構です。

Copen(5)
 黒本革巻きノブを“1本”と表現してお引き合いを戴いたのは山梨県にお住まいのMさん。 2〜3回のメールのやり取りで確定したサイズは直径33mm、全高120oに(形状はストレート、重量は450g、シャフト穴深さは 約100mm)。確かに“1本”と数えた方が適正でした。〈笑〉
 コペンの発注と同時にご注文戴いたようで、3ヶ月近く経って、納車直後に画像をお送りいただきました。その取り付け画像を拝見して、あまりのレーシ−さに驚嘆いたしました。お車の購入前から内外の改造をかなり研究/計画されていたご様子です。


 多くの方からインプレ、画像をお送り戴くようになり、掲載が遅れ気味になっていますが、Mさん分は掲載順を間違えて更に遅くなって しまいました。心よりお詫び申し上げます。また、画像のご提供有難うございました。

ロードスターRS
 東京都にお住まいのKさんからは、こんなメール(要約)のやり取りを経てご注文を戴きました。

 マツダロードスターRSに乗っています。カーボン張りの球形のシフトノブを考えているのですが、お願いする場合、サイズや重量、ブーツとの距離などは指定したいと思いますが、そちらである程度のマッチングなどのご提案は可能でしょうか?

 ロードスターの方の今までのご注文状況から推察しますと、シフトは比較的滑らかなようで、“渋い”という例は少なかったように 思います。同様な状況でしたら、重量は200g程度(但し、作業工数は最も多くなります)が適当と思います。“渋い”ということであれば500gが経済的でお奨めかもしれません。大きさは特に小さいものをご希望でなければ46Φまたは48Φがお奨めです。

 球形ノブとシフトブーツの間に隙間ができるのが一般的ですが、私を初め、かなりの割合の方が、適当な隙間はデザイン的なアクセントと考え、1.5〜3cm程度の隙間を設けています。愛車のノブを一旦取り外していただき、ご自身のお好みのノブの高さやブーツとの隙間等を車内でイメージされては如何でしょうか。

 アドバイスに従いチェックしましたところ、ストックのノブの高さ72ミリ重さ230gでした。シャフトの挿入長さは40ミリで、 ネジが切ってある長さは22.5ミリでした。46ミリの球形でいくとして、シャフトの出る部分を15ミリで想定しますと高さは ストックのノブより11ミリ低くなります。1速、2速の入りが少し渋いので例えば300g〜400位でよいのではと思っているのですが、あまり重いと弊害がありますか?

 適正なご検討結果と考えます。ノブ重量につきましては、“重すぎた”ので再注文戴いた例も2件(600g、700g)ありますが、 大きな問題があったためではなく、単に“操作フィーリングが少し軽すぎる”というもののみです。

46Φ、400g、左上Rの6速で注文いたします。

 Kさんからは使用後“ブーツがずり上がってくる”とのことで、飾り脚付への変更のご注文がありましたが、以下の画像とインプレを お送りいただきました。


 使い心地もよく重量も最適で1速2速への入りもスムーズになり大変気に入っていましたが、脚の追加加工やノブの回転防止等の対応で 更に満足のいくシフトノブになりました。やはり直接触れるものがしっくりくると運転していて楽しくなります。

フェアレディ―130Z
北海道北見市のNさん、130Zの購入後、完全整備の一端で、シフトノブの新調のご相談を戴きました。見本となるノブの写真と サイズも示されており、早速お見積もりいたしましたが、ノブの天部が凹部になっており、その凹部がセンターに向かって大きく盛り上がった形状の 加工、仕上げが旨くできるか、自信がないままにお受けしました。

案の定、加工も仕上げも遅々として進みません!! が、雪が解けるまで取り付け作業はしないとのことで、十分な納期を戴いていましたので、 “ 少しずつでもいい!! ミスさえしなければいつかは完成する!! ”そんな心づもりで取り組みました。
1日1時間〜程度ですが、3週間ほど要しました。

6月になって、
「満足!!思っていた通りの仕上がり!!!」のお言葉と下の写真が届きました。
当方にとっても嬉しい限りです。
色々と有難うございました。



BMW130i
兵庫県のMさんからはBMW130i用に脚付き球形600gタイプのご注文を頂きました。

25年以上もホンダ車のショートストロークに慣れていたため、BMWの大味なストロークにはなじめず、ショートストローク・キットに換装しても シフトミスの頻発に悩まされていたのが、本品を試してみようと思ったきっかけです。
純正品のシフトブーツがノブ一体型で、ブーツ単体オプション品は製造終了となっていたため、近所のクラフトショップに相談したところ純正品のフレームが必要とのこと、 バラスには惜しいので厚さ5mmのアクリル板で自作することにしました。のんびり構えていましたので、着手に10ヶ月ほど要しましたが、今年のゴールデンウィークは長期休暇が 取れたので思い腰を上げ、見込みが立ったところでシフトノブの仕様を煮詰め、発注いたしました。

私はダブルクラッチを常用してリズムを楽しむ乗り方ですが、特に横方向のストロークの大きさがシフトミスの原因でした。
ノブを本品に換装しての効果はてきめん、振子の効果が効いてしっかりストロークが稼げるので、力むこともなくリズムに乗った走りが可能となりました。 手首の角度が変わってもソフトに包み込める球型形状も、いい感触です。
スカート下部に溝を設け、ブーツ上部を裏から結束バンドで固定可能としてみましたが、これも効いて期待以上のフィッティングとなりました。

今回は純正品同等のポジションに仕上げてもらいましたが、もしかしたらローポジ仕様を追加でお願いするかもしれません。15mm程度は下げられそうですね。



シフトフィーリングも良くなり、ブーツも新調されて、お車がスッカリ変わったのではないかと思います。 きっと、この先130iを見直して、ますます愛着が湧くかもしれませんね。
究極のローポジ仕様では17〜18mm程度下げられそうです。

コペン 黒革張り
 愛知県にお住まいのTさん。コペン用に黒革、ヘビーウエイト、ローポジションノブの お引き合いを戴きました。コペンの納車は2週間以上先とのことですが、種々の交換パーツの購入も詳細に検討済みのご様子でした。 ノブはステッチ入りのものがお好みのようでしたが、(現在はステッチ入りは製作していないため)やむなく張り合わせタイプに。
 事前に車の状態から、ノブのご希望仕様の詳細や予算も検討済みの上、ノブの微妙なサイズ選択は、実車にノブの模擬品を持ち込んで 決定するプロセスまで予定されていました。結局、ご注文は革張り、48Φ、500g、『究極のローポジション』でご注文を戴きました。

 Tさんからは以下の画像とインプレをお送りいただきました。


 純正ノブで約3週間、ほぼ毎日通勤、ドライブでの使用からのフィーリングの変化ですが、結論はやっぱり想像通りサイコーです。
 早朝、涼しい内に取り付けて、早速フィーリングチェッ〜クッ! となったわけですが、正直スタート直後は「?」でした。が、1分も走ると「!!」でしたね。皆さんが仰られているとおり、ヘビーウェイトのお陰で気持ちよくシフトチェンジが決まります。今思えば、純正では少し渋い感じだった1、2速へのシフトダウンが特にいい感じに変化しています。無駄に2速に落としたくなりますね。あんまり楽しかったので、ガソリン高いのに半日ドライブして、今帰ってきたところです。
 革好きなので随時、革パーツを取付てるんですが、最近、以前はまったく気にしてなかったカーボンに浮気心が芽生えています。

 インプレのご送付有難うございます。「自分もこのHPのトピックスが参考になったので」とコメントつけてインプレをお送り戴いた方は初めてのような気が致します。HP上にノブの記事は沢山ありますが、シフトフィーリングとの関係を記載した情報は必ずしも多くはありませんでした。当HPは、その辺りの情報が広く発信される契機となったり、発信源的な役割りも幾分は担わせて戴いていると自負しておりますが、まさに皆様のご協力の賜物と感謝してあります。今後とよろしくお願いいたします。

BMW E46(2)
 神戸市にお住まいのKさんからは風変わりなお引き合いを戴きました。
 「形状はシフトノブ図の20番のカーボンをベースで考えています。自分はBMWの長いシフトノブがなかなか馴染めず今はノブを はずした状態で乗っていますが、シャフトむき出しの今の手の位置が非常に馴染むのです。そこで無理を承知でお伺いします。 シフトノブにシャフト径の穴を貫通させて作る事は可能でしょうか?」
 当方の特別仕様であるシャフト穴天井部がカーボン製、厚さが約1mmの“究極のローポジ”仕様をご提案しましたところ、 「まさかと思って言い出せなかったほどのピタッリ仕様」とのことで、即ご注文を戴きました。
 そして、Kさんからは、取り付け試走直後に絶賛を戴いたほか、1週間ほどしっかりと走りこんだ後に、改めてのインプレと画像を お送りいただきました。


 まずは重さについてですが今まで使用してきた10個以上のどのノブよりも重く、使用後のシフトフィールがどの様に変化するのか ワクワクが抑え切れませんでした。見た目が小さいのに重いというのが素敵です。商品の精度も予想をはるかに超えるもので、シャフトに 対してショリショリと音をたてながら入る程です。ガタつきは一切なかったので、シャフト保護のためイモネジ部にビニルテープを一巻き だけした後に上から少し強引に押込みました。(六角レンチが付いてくるとは思いませんでしたが、こういう小さな所の心配りが非常に 嬉しいですね。商品が届けばすぐに取り付けたいのが人情ですからね)
 さて肝心のフィーリングですが、純正とのあまりの違いにニヤリとしてしまいますね。今まではシフトチェンジの度にゴッキンゴッキンと 作業感たっぷりに手を動かしていたのですが、このノブでは手首と指先だけでゴンゴン投げ込めます。特に3速⇔4速のチェンジは一瞬で 完了してしまいます。ただ自分の場合は、純正でも硬かったバックがさらに硬くなったようですが、これはご愛嬌です。
 これほど自分にピッタリのノブに出会えたことが感動です。あまり書いても信憑性が却って薄れそうですので、これ以上は控えますが、 運転する楽しさを室内から最大限に引き出してくれる商品でした。これからも製作を続けてくださいね。

 随分お手数を掛けて戴いてインプレ、画像をお送り戴き有難うございます。心よりお礼申し上げます。バックへのシフトチェンジが幾分硬くなったようですが、お客様からの初めてのご紹介事例としてそのまま掲載させていただきました。
シャフトへのビニルテープ巻きは、可能でしたらイモネジ位置からできるだけ離れた部分に行って戴くとイモネジへの負荷は小さく なりますのでご検討願います。
 追加の“許可を貰って撮影したフェラーリーのENZO”画像は当HPの趣旨と異なりますので、折角ですが掲載は見送らせていただきました。

ランエボワゴン
 横浜市にお住まいのNさんからはトピックスに掲載の「ランエボ」タイプのバレル形、最大直径42mmのヘビーウエイトノブのご注文を戴きました。 そして取り付け後、深夜の長時間試乗を経て、即刻インプレをお送りいただきました。

 その重量を実感した時は、思わず笑いが・・・重量、形共に思い描いていたものそのものでとても満足しております。
 早速夜から翌日まで走りこんできました。街乗りは1速→2速が入れやすくなりかなり楽になりました。ペースを上げて走った時に シフトチェンジのスピードが上がった事による恩恵はとても大きく、手首の軽い力だけで次のギアにスコスコ入るので楽しかったですねw
 仕上がりもとても綺麗で友人達の評判も上々でした。ほんの少しだけノブの角がもう少し丸みがあってもよかったかなとも 思いましたがしばらくのってみてどうしても気になるようなら第2弾の製作もよろしくお願いします。


 早速のインプレの送付有難うございます。製作の方が忙しく、掲載が遅くなってしまいました。
 上部の角の丸みにつきましてご指摘いただきましたが、上部の角の丸みを大きくしますとノブの上部は全体としてとがった方向になりますので、 掌への当りは更に強くなると思われます。 少し慣れれば現状で問題はないように思えますが、もし次の製作を検討される場合は、 上面の大きさや平坦性にも配慮されることをお奨めいたします。

Supra Special
 秋田県にお住いのAさん。スープラの6速用にヘビーウェイトシフトノブを探しているうちに当HPをご覧になり、HPのサンプル図のNo.011形状のお引き合いを戴きました。 サイズやシフトパターンの特殊フォント、綾織カーボン、究極のローポジション加工等、HP内の情報をほとんど把握されてのお引き合いでした。
 数回の打ち合わせメールの交換はノブの全高と“究極のローポジ”仕様の整合性に終始した感はありますが、最終的には全高優先の高さ55mmのNo.011形状(600g)に決まりました。

 納品後数日して、以下のインプレが届きました。

 社外のクイックシフトを導入するにあたって、ヘビーウェイトのシフトノブを探していたところ湘南シフトノブワークスさんのHPにたどり着いたわけです。
 オーダーメイドで、且つカーボンも可能ということで自分の車のカーボンのインパネやハンドルによくマッチングしそうなのでカーボン製でお願いしました。自分の理想とするサ イズを明確にしたうえで、外径、全高、リバースロックの逃げ幅、シフトパターンの特殊フォント、綾織カーボン使用等多彩な注文内容にも答えてもらって2週間 弱・・・。
 もう素晴らしいの一言ですね。600gという重さのおかげでスコスコと入り手に触ったときの形状が自分の手にマッチしている感じで、とても気に入っております。 やっぱり手作りなところがいいですね。運転が前より楽しくてうれしいです。エンジン始動するときにシフトノブを握った瞬間に喜びを感じます。社外のクイックシフトは どうも純正よりシフトワークが重く感じていましたが、いままでのアルミノブ→純正ノブ→最終的に今回のシフトノブに至り、前述のように大幅なフィーリング改善がありました。 さらには、リバースロックの動作シロを十分計算して製作依頼しましたのでバック時の操作も随分改善されました。脚部の湾曲外面も大正解でしたね!

 概ねフルスペックのオプション仕様になりましたが、いずれも効果的だったようで、製作者としても嬉しい限りです。お送りいただいたコメントはシフトノブの新調をご検討中のお客様には貴重な 参考意見となるように思います。有難うございます。

トランスファーノブ
 大阪府にお住まいのSさん。シフトノブに引き続きトランスファーノブのご注文を戴きました。ご要望はシフトノブとの調和とトランスファーの (かなり複雑な)シフトパターン加工でした。パターンには小さな文字が沢山入るため、一瞬、身が引けましたが、最近はご注文全体が複雑化する傾向が 強まっていますので、思いきってお引き受けいたしました。そしてSさんからは商品到着と殆ど同時にインプレと取り付け画像を お送り戴きました。

 本日、トランスファーノブが到着し、取り付けを行いました。
アドバイスを戴いた通り、シフトノブと類似形にて作成して戴き、シフトノブとの調和がとれているように思います(それまでは球形のトランスファーノブ)。  シフトノブに関しては、今までかぞえ切れないくらいのシフトノブ(ジュラコン、カーボン調、チタンなど)を試してみましたが、見た目、操作性、材質など自分が納得できるすべてを備えているシフトノブはありませんでした。今回、SSWさんのホームページを見つけ、自分のシフトノブに出会えたような気がしました。自分は、ずっと4駆車に乗っているためシフトノブを交換するとトランスファーノブとの調和がいつも気なり、違和感を持っていました。この度、同形状なだけでなく、専用のシフトパターン入りのトランスファー ノブを作成して戴けたことで、本当にスッキリし、とてもうれしく思っております。ありがとうございました。


 トランスファーノブのご注文は過去にも何件か戴きましたが、今回のように“シフトパターン入り”は初めてです。 作業の方はノブ製作というよりシフトパターン制作という感じになりましたが、お陰さまで小さな文字も旨く加工できるように なってきているようです。当方こそ、心よりお礼申し上げます。有難うございました。

ジムニー
 ジムニー用にカーボンヘビーウエイトノブのご注文を戴いた愛知県のKさんからは以下のインプレ/画像を送りいただきました。

 インプレといえるほどのものではありませんが、感想を連絡させていただきます。
一言で言いますと、大満足です。もともとヘビーウェイトのノブを探していたのですが、見た目に良いものがありませんでした。 カーボン張り、最高ですね。その気にさせてくれます。サイズもご提案いただいたΦ48でちょうど良かったと思います。 ヘビーウェイトいいですね〜!純正ノブではシフトチェンジ時にガリガリ感があったのですが解消されました。


 インプレを送付戴き有難うございます。軽の四駆でのご採用は確か、初めてですが、ヘビーウエイトの効果は顕著なようですね。

NSX メタル
 最近、スポーツカー好きの知人たちの車を見るとMTではなくMT付ATでクラッチを 踏まなくていいんですよね。でも、当方はMTのほうがすきなので操作系は彼らとチョット差をつけておきたい所です。(笑) とのことで、メタルタイプの球形ノブのお引き合いを戴きました。(広島県のTさん)
 ご注文のポイントは重量とブーツとの取り合い、NSXに相応しいデザイン/クオリティーにあったようで、ご希望に沿って製作させて いただいたのは下のノブ。装着後、早々に画像とインプレをお送りいただきました。


 頂いたインプレは、
 社外の球形ノブにタイプRのシフトブーツを組み合わせるとレバーシャフトが少しだけ見えてしまいブサイクになったことから始まりました。 この点の改善に合わせて、操作性向上と言うことで握り部は球形で、できる限りのショート化、レバーシャフトを完全にカバーする仕様を 提示して、この形状となりました。
 装着後の感想としては、ノブの重量を500gとしたこととレバーシャフト上部からノブ上部を5mmで以前よりショートになったことで ルックスが大変がよくなっただけでなく操作性が向上しました。いい買い物をさせていただきました。

 当SSWでは、NSX用の製作実績は数件あるのですが、装着画像をお送りいただいたのは今回が初めてです。スーパーカーに相応しく スポーティーで、よくマッチングしているように思います。その上、操作性まで改善されるわけですから、製作者としても感激いたしますね。 また、“いい買い物をした”とのお言葉は、何時お聞きしても製作者冥利尽きます。有難うございます。

アルファ147セレスピード
 東京都にお住まいのNさん、曰く“YOTARO号”のモディファイに連日注力されているご様子。 愛車の147セレスピードのシフトノブの位置には至ってご不満とのことで、当HPのかなり以前のトピックス(1)をご覧になって、 “同じもの”をとのご注文。


 全長、なんと200mmのシフトノブで、Nさんのブログから拝借したエクステンションの画像やお送り頂いた装着画像からは装着時の収まりの 良さに驚かされてしまいます。十分に検討された上でのご指定仕様ですから、当然といえば当然のことですが、逆に言えば、 純正のシフトにはさぞかし大きな不満が・・・と推察いたします。腰をずらせて、座高がかなり低くなるような着座姿勢を取らないと シフトが旨くフィットしなかったかもしれませんね。
 Nさんからは“いいですね!”以外の詳細なインプレは戴いていませんでしたが、ブログの方に以下のようなインプレを掲載されているとのことです。

 確かに少しストロークは長くなりましたが、そんなにグっと押さなくても手首で動かせる程度ですのでストローク的な問題はありません。それよりも、マニアル操作の感覚に近く、ノブの高さも丁度いいのでやりやすいですね。なんだかレース車のような感じで、楽しいですよ。
 私は、シート位置を比較的前にして、背モタレを立たせて座りますので純正のノブ位置では旨くフィットしませんでした。長時間運転していると疲れてしまうのですが、そんな悩みもこれで解消されました。今ではパドルシフトは使わなくなり、MT感覚のシフト操作が楽しくて仕方ないですね。助手席の知人が、運転が随分楽そうだねと言ってくれました。

 もはや、“シフトフィーリング”云々というよりも、車全体がNさんに大きくフィットした感じなのかもしれません。
 尚、Nさんのブログは“YOTARO号”でヤフー検索するとすぐに見つかると思います。

ランチア・デルタ(2)
 千葉市のYさんからはこんなインプレを戴きました。

 数日前にノブを受領、装着し、昨日、200kmほどテスト走行をいたしました。その際のインプレをお届けいたします。
 仕様、写真に関しては、HPに別の方が載せていますので、省略いたします。私も別の方と同様、貴社ノブの前はP社製デルリンノブを使用していました。
 エンジン始動前のニュートラルチェック(ノブを左右に振る動作)では、旧ノブの方がニュートラル復帰が速く、好みで言えば、旧ノブに軍配が上がります。
 その後、走行開始すると「おお!」―バターにバターナイフを入れるようなシフトフィール、と形容されたのは確か以前のフェラーリだったかと思いますが、「そのフィールとはこれか」と実感させられました。
 コンスタントメッシュを入れているので、以前は「ガゴン、ガゴン」というフィーリングでしたが、これに「ヌルっ」が加えられました。Hパターンがより明確になり、確実性が増したような気がします。5速→4速へのシフトダウンの際、2速に入れてしまうような危険が減少されたかと思います。
 光が当たると十字にカーボンの織り地が反射し、ルックスも非常に好ましいものです。
 手をかけた時のフィーリングも、デルリン材を上回っています。
 軽量化ではなく、重量化─そんなチューニングもあるのだな、と実感した次第です。今後慣れるにしたがって、新たなフィーリングが 自分のものになるでしょう。楽しみです。
 サイズを間違ってオーダーしたネジの交換対応やメールによるコミュニケーションも秀逸で、安心して仕事を任せることができました。非常に満足度の高い買い物をすることができました。本当にありがとうございました。
 「もう少し価格が安ければ」という消費者の勝手な希望も少しあります。

 丁寧なインプレ有難うございます。当方の経験/知識不足のためにインプレの中に十分理解できない部分がありますが、経験豊な読者の方にはご理解 いただけるものと思います。
 それにしても、「バターにナイフを入れるような」は言い得て妙ですね。小さな、一定した抵抗感で各シフトポジションに収まっていくフィーリングを 本当に旨く表現していますね。初めて使った方は多分相当な文才をお持ちだったのでしょうね。

クラウンアスリート5MT
 埼玉県にお住まいのIさんから戴いたお引き合い。
HPを拝見し、私もぜひ自分だけのシフトノブを手に入れたくなり、相談させていただきます。 カーボンの500g、シフトパターン5速で右下に赤文字のR、研磨仕上げの金属スカート付きでシフトブーツとの隙間がない物を希望します。
ここでいくつか相談があります。図の020をベースに、金属スカート込みの高さが80mmのノブが希望なのですが可能でしょうか? 図の020を縦長にするイメージです。長くなる分、直径が小さくなっても構いません。シフトブーツからネジ山までは40mm、ネジ山の頂上までは60mmです。 あと、無理かもしれませんがシフトパターンの表記をローマ数字のTUVWXにする事は可能でしょうか?Rはそのままで結構です。

 特注度合いはかなり高いのですが、製作上の問題はなく、そのまま承りました。
 完成、お届け後、装着画像とともに以下のインプレをお送り戴きました。


 形状に関しては、大変満足のいく仕上がりになっております。接着剤がまだ固まっていませんので、試乗はできませんが握った感じはまさに 最高の一言です。形状に関しては、大変満足のいく仕上がりになっております。接着剤がまだ固まっていませんので、試乗はできませんが握った感じはまさに 最高の一言です。世界に一つの物ですし、手作り感や温かみも伝わってくるような気がして、とても気に入りました。

 シフトノブ取り付け、走行後についてのインプレをお送りいたします。
素晴らしいです!フィーリングがたまりません。ずっと握っていたくなる形状ですね。アドバイスいただいた通り、直径43ミリでベストでした。 無駄に変速したくなりますね(笑)
 先日、車好きの友人達との集まりの時にはみんなから注目を浴びました。シフトパターンについてもオリジナル感があってカッコイイと 大絶賛されました。まわりからも高い評価をいただきました。絶対に手放せない、一生物を手にすることができました。
 これからも、多くの人達の宝物をつくり続けて下さい。ずっと応援しています。また何かあったら力をかしてくださいね。この度は本当に ありがとうございました!

 丁寧なインプレをお送り戴き有難うございます。また、ご声援も戴き有難うございます。当方にとって大きな励みになります。
 クラウンアスリートともなるとエンジンに余裕がありすぎて、無駄と感じる変速もあるのかもしれませんが、折角のMT換装ですから、 5速全てをストレスなく使いこなすのも楽しいテクニック習得ではありませんか。

アルファロメオ1970年型
 大阪府にお住まいのTさん、「1970年製のアルファロメオに乗っているのですが、 そのシフトノブをそちらに送って、レザーを巻いてもらうのは可能でしょうか?」のお問い合わせ。
 当方では他社製品の加工は(失敗時の責任対応に問題がありますので)承っていない旨回答しましたところ、「カー用品店で汎用の シフトノブを探したのですが、シャフトの直径が15mm(だったと思います)なのでなかなか見つからないのです。形は純正じゃなくても 良いのです。黒レザーの球形でもOKです」との由。
 形状、サイズ、取り付け部のお打ち合わせとお送りいただいたお手持ちの同車用のシフトノブ(社外品)を参考に、ご予算と 相談しながら製作させていただいたのは画像のノブ。46φ革張り、メタル脚付き(3箇所イモネジ)、100g強の仕様です。


 装着後、早々に以下のインプレを戴きました。
 今日早速装着してみました。サイズ、重量もいい感じです。操作も問題なしです。なんと言っても全体の雰囲気とマッチしているのが いいです。市販のレザーでいいものがなく困っていましたので本当にありがとうございました。100点です。
 (後日追加でお車の写真を送っていただき、お車は『アルファロメオGT1300jr』で、よく「段付き」と言われる車とのことです。)

 確か、’60〜70年代はアルファロメオ全体に急激な人気が出てきた時代で、この車(形状)も憧れの存在だったとおぼろげに 記憶しています。
 大事なお車の維持・管理のお役に立てて心より喜んでいます。これ位の旧車になると、日本車も同じでしょうが、とりわけ輸入車は、 部品、アクセサリー類の調達が大変でしょうね。

S800
 5年ほど前にご注文を戴いた滋賀県のNさん。今回は“前回、ロータスエクシージに 使用するカーボンのシフトノブを製作していただきました。車は売却しましたが、カーボンシフトノブは大切に保管してあります”という 文面を添えて、親指を少し大きくしたような自前で製作されたノブの塗装のご依頼がありました。通常は当方で製作したもの以外への 追加の加工はお断りしていますが、先のカーボンノブを保管しておられるとの言葉に嬉しくなって、塗装のみの加工を承りました。
 その後、追加のご要望があり、目的は、なんと40年前のS800に取り付けるため、純正と同じ形状、サイズ、重量で、しかも純正と 同じシフトパターンで、木製に変えたいとのご要望でした。S800といえば、本田の自動車メーカとしての成功の礎を築いた車であり、 そんな車に使うノブならばと喜んでお受けいたしました。
 Nさんからは早々に、取り付け画像をお送りいただきました。
 

 今回のノブは、別途購入されたウッドハンドルともども40歳から20歳位まで若返らせた感じですね。速度計に200の文字が見えるのもただただ驚きです。

GG3P(アテンザ)
 自称“GG3P乗り”のYさん(神奈川県)。おそらく事前に十分にご検討された上での仕様案に 沿って、お引き合いを戴きました。球形のローポジノブとシフトブーツのデザイン的な取り合いに苦慮されたようです。少々のお打ち合わせの 結果、ご注文戴いたのは、高さ数mmのメタル脚を持つ直径、全高50mmの本皮球形、600gのノブ。脚部のサイズやデザインは過去に 製作例の無いノブになりました。
 お取付け後、早速、インプレ/装着画像をお送りいただきました。
 

 早速、試走してきました。100キロ程度の距離を、街乗り・ワインディング・高速と試してきました。
 外観に関しては先のメールにも書きましたが、イメージ通り仕上がっています。脚部径を大きくすると球形ノブの感覚が薄れるかも。。。 とのことでしたが、違和感も特にありません。重量とシフトフィールに関しては、ノブ単体を手にしたときには600gの重量に驚きました。 ですが、実際に車を走らせてみると純正ノブよりハイトが下がった分をちょうどよくフォローしている感じです。結果的に最初のメールにて 望んだ、純正よりややシフトが入りやすいものになっています。重量に関してはSSWさんの意見に従って正解でした。
 プライスに関しては、量産品に比べればやはり高いものですが、自分のイメージしたものを形にできること、ベースがあるとはいえワンオフ 製作であること、実際の使用感を考えれば値段相応の買い物ができたと感じています。
 最後になりますが、良い買い物ができましたし、メールの対応が迅速であったことも好印象でした。

 わざわざ試験ドライブ戴いた上でインプレをお送り戴き、有難うございます。革張りのヘビーウエイトノブは今のところ少数派のためか、 お買い上げ戴いた方の評価は大変良いのですが、画像付きのインプレをお送りいただける方は多くはありません。Yさんのようなノブを多く紹介できれば、多くいらっしゃる革張り派の方に興味深い情報になるように思います。多分、500〜600g以上の 革張りヘビーウエイトノブの情報は当HPが唯一かもしれませんので、貴重な情報と思います。
 いろいろと有難うございました。

[TOP PAGE(TOPICS(5))]   [TOPICS(3)]   [TOPICS(2)]   [TOPICS(1)]

 [ WOOD KNOBS(1) ]  [ WOOD KNOBS(2) ]  [LEATHER CORNER]
[CARBON GALLERY]  [DIY CORNER]

 ご覧になりたい項目をクリック

お問合せ、お見積り、ご注文はこのメール [ MAIL ] をご利用ください。